10年ごとに外壁塗装をしよう

家を建ててから10年が経過し外壁が緑色や黒色に変色して汚いので外壁塗装しようと考えている。
住宅の外壁塗装の場合、足場組み、下地処理、下塗り、上塗りなどがあり、50万円~100万円が相場と高価であることがわかった。
予算を少なくしたいからといって、塗料のグレードや塗り回数を減らした場合、塗装の対応年数が減るなど問題があるようだ。
外壁塗装工事は、放っておくと、住宅の壁が劣化していき、雨などの浸入をふせげなくなるため、 絶対欠かすことの出来ない工事のようである。
家を建ててから、数年経って家の外壁にクラックや汚れが確認できる場合、外壁塗装を実施した方が良いようだ。
また、家を建ててから、10年以上経って、外壁にクラックや汚れが確認できない場合でも、外壁塗装はするべきである。
その理由として、外壁を10年以上紫外線や風雨にさらすと、塗膜が劣化を繰り返し外壁そのものが、むき出しになってしまうからだ。
そのままにすると、外壁自体が劣化してしまい外壁の修理が必要となってしまう。
そのため、10年ごとを目安に外壁塗装を実施した方が良いようだ。