ウォールビスでも「オールデン」は忘れない!

松江市の島根県庁で16日午前1時35分頃、建物内にある時計約250台が一斉に止まったそうです。職員らが確認し、針が同じ時刻を指す12時間後の16日午後1時35分頃に復旧させたそうですが、原因は分からないままだそうです。

こういうの聞くと「ポルターガイスト現象?」と思っちゃいますよね。
県管財課によると、止まったのは本庁舎、南庁舎、分庁舎、議事堂別館の4棟にある時計なんですって。針が「1時35分」頃を指したところで止まっているのを、16日午前8時頃、登庁した職員が気付いたそうです。
各時計は、本庁舎の電話交換室の親機から電波を送信して、時刻が自動設定される仕組みだそうですが、親機は通常通り動いていたんですって。30~40年前に導入されたとみられ、同課は「これまで時間がずれることはあったが、一斉に止まったのは初めて」と首をかしげているとか。
いやあ、探偵さんと霊媒師さんに診てもらうのがいいかも!

県庁って、今も節電のためにウォールビスとかやってたりするのでしょうか。暖かい服であったとしても靴だけはまともなものを履かないとね。

やっぱり男は「オールデン」でしょ!これ、一足あると、恥をかく事はないですね。